ヒューマンエンハンスメント身体性システムサイエンス

Human Enhancement Brain and Body Systems Science

我々は人間を「システム」として捉え、脳と身体の密接なリンクを理解する事によって運動機能におけるヒューマンエンハンスメント(人間強化)を目指しています。この脳と身体の関係性を焦点に置いたアプローチを「+身体性」と名付け、それを用いて運動における学習、制御、記憶、意思決定、ニューロリハビリテーション、ニューロハッキングを研究しています。

ヒトのもつ高度な知能は身体操作機能と共に進化してきました。我々はこのような脳機能における身体性の問題について”知る”だけでなく、応用可能なエンジニアリングサイエンスとしての”脳情報科学”を目指しています。近年の脳情報科学の発展は常にデバイスの発達と共にあります。我々は、大型ロボットマニピュランダム(TX-ARM)、バーチャルリアリティシステム(Oculus Rift)や脳刺激装置を用いた新しいリハビリテーションシステムの開発や実験を通じて、脳-身体-デバイスの融合を目指します。

- News -

2016/6/18 AIST Neurorehabilitation Symposium

2016/9/20 2016/9/20 Application for graduate admission will become available (3 or 5 years PhD program)